HRマネジメント

ABOUT WORK VISA

紹介可能な外国人

業種にあった在留資格を持つ人材をご紹介します。

HRマネジメントでは、建築技術・IT技術をはじめとした様々な在留資格を持つ人材を取り扱っています。
そのためお客様の業種に適した人材を柔軟にご紹介することが可能です。

技術

技術

  • 施工管理・CADオペレーターなどの土木建築系技術者
  • システムエンジニア・プログラマー
  • 機械工学などの技術者
  • 情報セキュリティーの技術者

詳しく見る

人文知識

人文知識

  • 貿易などの海外と取引する業務
  • 経理、人事、総務、法務
  • マーケティング
  • 広報

詳しく見る

国際業務

国際業務

  • 翻訳
  • 通訳
  • 民間の語学学校等の語学の講師
  • 服飾や広告などのデザイナー

詳しく見る

在留資格のポイント

在留資格には在留期間が定められていますが、在留資格によっては更新することで
5年、10年、生涯勤務と長期の勤務が可能です。このため、自社の将来を担う人材としてじっくりと育成することができます。

外国人を雇用するメリット

外国人を採用することで、他国文化の考え方が理解できるようになり、
社員一人一人の視野が広がります。
また、厳しい環境で競争してきた外国人技術者は競争心が高く、
自主的な勉強量が多いため、成長も早く、社内の活性化に繋がります。
言葉の面でも、自国の言語はもちろん、日本語や英語も話せる若者もいる
ため、3ヶ国語以上のマルチリンガルも珍しくありません。
そのため、海外との接客、翻訳・通訳など、さまざまな場面での活躍が
期待でき、特に新卒のエンジニアに関しては、海外から採用している企業が
増えてきています。

私たちは、日本では採用が苦戦しがちな「若手の優秀人材」を海外から
採用するお手伝いをさせていただきます。

外国人を雇用するメリット

HR MANAGEMENT’S WORK VISA

HRマネジメントが扱う在留資格

HRマネジメントでは以下の在留資格を扱っています。

技術ENGINEERS

技術

技術ENGINEERS

対象者
日本の公的機関または一般企業との契約に基づいて「外国人が有する理学、工学などの自然科学の分野の技術・知識」を必要とする業務を行う予定の外国人
在留期間
5年、3年、1年、3か月

職種

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • 機械工学などの技術者
  • 情報セキュリティーの技術者
  • 土木及び建築における研究開発・解析・構造設計関連の従事者
  • ゲーム開発のシステムの設計や試験、検査等の従事者
  • その他製造や開発に携わる人

条件

  • 理学、工学、農学、医学、歯学、薬学などの自然科学(理系)の分野に専門能力を持つ外国人が対象になります。
  • 一定水準以上の技術・知識を必要とする業務に従事する必要があり、また、業務内容と大学等で専攻した科目との関連性が必要になります。
  • 自然科学の分野の知識を必要とする業務に従事する場合でも、【教授】、【経営・管理】、【医療】、【研究】、【教育】、【企業内転勤】、
    【興行】の在留資格に該当する活動を行う場合は、【技術】ではなく、これらいずれかの在留資格が与えられます。
  • 大学(短期大学を含む)を卒業または従事する予定の業務で10年以上の実務経験が必要になります。ただし、IT関係の業務を行う予定の
    外国人は、IT資格の試験に合格している場合、この学歴・職歴条件は不問になります。
  • 日本の専修学校(外国の専修学校は対象外)を修了して、「専門士」または「高度専門士」の称号を取得している外国人も本在留資格の対象に
    なります。
  • 日本の公私の機関との直接的な契約(日本の企業等との雇用契約等)が必要になります。
  • 本在留資格と【経営・管理】の在留資格は対象となる活動が一部重複しますが、このようなケースでは、【経営・管理】の在留資格が優先して
    付与されます。また、本在留資格を取得後に、昇進等の理由により、経営管理者等に就任し【経営・管理】の在留資格に該当することになった
    場合でも、現在の在留資格を維持したまま、次回更新時に【経営・管理】へ在留資格の変更を行えば良いこととされています。
  • 日本人が受け取る報酬と同等額以上の報酬を得ることが条件になります。

人文知識HUMANITIES SPECIALISTS

人文知識

人文知識HUMANITIES SPECIALISTS

対象者
日本の公的機関または一般企業との契約に基づいて、「外国人が有する法律学、経済学、社会学などの人文科学の分野の知識」を必要とする業務を行う予定の外国人
在留期間
5年、3年、1年、3か月

職種

  • 貿易などの海外と取引する業務
  • 経理、人事、総務、法務
  • マーケティング
  • 広報
  • 商品開発
  • 営業
  • 企画
  • コンサルティング

条件

  • 理学、工学、農学、医学、歯学、薬学などの自然科学(理系)の分野に専門能力を持つ外国人が対象になります。
  • 一定水準以上の技術・知識を必要とする業務に従事する必要があり、また、業務内容と大学等で専攻した科目との関連性が必要になります。
  • 自然科学の分野の知識を必要とする業務に従事する場合でも、【教授】、【経営・管理】、【医療】、【研究】、【教育】、【企業内転勤】、
    【興行】の在留資格に該当する活動を行う場合は、【技術】ではなく、これらいずれかの在留資格が与えられます。
  • 大学(短期大学を含む)を卒業または従事する予定の業務で10年以上の実務経験が必要になります。ただし、IT関係の業務を行う予定の
    外国人は、IT資格の試験に合格している場合、この学歴・職歴条件は不問になります。
  • 日本の専修学校(外国の専修学校は対象外)を修了して、「専門士」または「高度専門士」の称号を取得している外国人も本在留資格の対象に
    なります。
  • 日本の公私の機関との直接的な契約(日本の企業等との雇用契約等)が必要になります。
  • 本在留資格と【経営・管理】の在留資格は対象となる活動が一部重複しますが、このようなケースでは、【経営・管理】の在留資格が優先して
    付与されます。また、本在留資格を取得後に、昇進等の理由により、経営管理者等に就任し【経営・管理】の在留資格に該当することになった
    場合でも、現在の在留資格を維持したまま、次回更新時に【経営・管理】へ在留資格の変更を行えば良いこととされています。
  • 日本人が受け取る報酬と同等額以上の報酬を得ることが条件になります。

国際業務INTERNATIONAL AFFAIRS

国際業務

国際業務INTERNATIONAL AFFAIRS

対象者
日本の公的機関または一般企業との契約に基づいて、「外国の文化」を必要とする業務を行う予定の外国人
在留期間
5年、3年、1年、3か月

職種

  • 翻訳
  • 通訳
  • 民間の語学学校等の語学の講師
  • 服飾や広告などのデザイナー
  • ホテルマン
    (ただし通訳が主業務であること)
  • 貿易などの海外と取引する業務

条件

  • 理学、工学、農学、医学、歯学、薬学などの自然科学(理系)の分野に専門能力を持つ外国人が対象になります。
  • 一定水準以上の技術・知識を必要とする業務に従事する必要があり、また、業務内容と大学等で専攻した科目との関連性が必要になります。
  • 自然科学の分野の知識を必要とする業務に従事する場合でも、【教授】、【経営・管理】、【医療】、【研究】、【教育】、【企業内転勤】、
    【興行】の在留資格に該当する活動を行う場合は、【技術】ではなく、これらいずれかの在留資格が与えられます。
  • 大学(短期大学を含む)を卒業または従事する予定の業務で10年以上の実務経験が必要になります。ただし、IT関係の業務を行う予定の
    外国人は、IT資格の試験に合格している場合、この学歴・職歴条件は不問になります。
  • 日本の専修学校(外国の専修学校は対象外)を修了して、「専門士」または「高度専門士」の称号を取得している外国人も本在留資格の対象に
    なります。
  • 日本の公私の機関との直接的な契約(日本の企業等との雇用契約等)が必要になります。
  • 本在留資格と【経営・管理】の在留資格は対象となる活動が一部重複しますが、このようなケースでは、【経営・管理】の在留資格が優先して
    付与されます。また、本在留資格を取得後に、昇進等の理由により、経営管理者等に就任し【経営・管理】の在留資格に該当することになった
    場合でも、現在の在留資格を維持したまま、次回更新時に【経営・管理】へ在留資格の変更を行えば良いこととされています。
  • 日本人が受け取る報酬と同等額以上の報酬を得ることが条件になります。

OTHERS

その他

  • 教授
  • 芸術
  • 宗教
  • 報道
  • 経営・管理
  • 法律・会計業務
  • 医療
  • 研究
  • 教育
  • 介護
  • 技能

お問い合わせ

無料見積もりや時期・人数の確認など
お気軽にご相談ください。

0120-758-188

事業承継・M&Aサイト

ページトップへ戻る